マナビ・クリエーションの基本 「メンターシップ(Mentorship)」のこと

皆さん、 こんにちは。

今日は、私たちマナビ・クリエーションのベースとなる心構え、
「メンターシップ」についてお話させてください。


皆さんは「メンター」という言葉をお聞きになったことがありますか?


最近、日本でもビジネス界や教育界で良く耳にするようになりました。


メンターという響きが「メンタル」に似ているので、
「精神」、「心」に関係するものだと思われる方がおられるかもしれません。


時々、「メンタリスト」ですか?なんて聞かれて戸惑うことも・・・。


実は、その言葉は、古代ギリシャ時代の有名な叙述誌
「オデュッセイア(The Odeyssey)」の登場人物に由来します。


その人の名は、「メントール(Mentor)」。


メントールと言う男性はオデュッセウス王の親友であり、
王の息子テレマコスの教育を任されたと言われています。


王が遠征している間、息子の良き支援者、指導者、理解者となり
見事にテレマコスに帝王学を身につけさせ、
素晴らしい王子に育て上げたということです。


「メンター」とは、
「良き支援者」「良き指導者」「良き理解者」を指す言葉として使われるようになりました。


マナビ・クリエーションでは、
スタッフ全員が「メンター」として、
「メンターシップ」を大切に生徒一人ひとりの様子を見ながら支援することを基本としています。

この記事へのコメント